手品師

浄土真宗の信心を中心に綴ります

阿弥陀さまのはたらきに出会うか、出会わないか

 

何をもって行とするのか。つまり覚りに至る方法とは何かと言えば、それまでは釈尊の真似をすることだと阿難は考えていたのでしょう。でも全く違っていたのです。如来の徳を行じておられるその如来のお働きに出会うか出会わないかということが大問題だったのです。私の方から一歩一歩、思い描いた理想に近づいていくというのは覚りでもなんでもないのです。
【大無量寿経講義  尊者阿難 座より起ち   一楽 真  響流書房より】

 

f:id:tarou310:20200223064919j:plain

阿弥陀さまの「安心しなさい、あなたを必ず救いますよ!」という仰せに、わたしは、「はい、ありがとうございます!」とこたえるだけなのでした。仏さまにウソという言葉はありません。たのもしいことであり、ありがたいことであります。
おかげさまで 今日も 南無阿弥陀仏

 

f:id:tarou310:20210405175005j:plain