手品師

浄土真宗の信心を中心に綴ります

なぜ人命は尊いのか

 

  「一人の生命は地球より重い」と言ったのはときの総理大臣 福田赳夫である。1977年ダッカ日航機ハイジャック事件の際に発した言葉だ。「なぜ、人命は地球より重いのか?」の回答を明確に答えられる人はいるだろうか。「人命は地球より重い」といいながら、紛争は絶えることなく、平気で殺し合いをしている世の中である。本当に、命の重みを感じているのであれば安易な行動は慎む方向に行くであろうに。
  さて、人間と動物の大きな違いは何か、と問われればどう回答するであろうか。私なら言葉を使用するか否か、とこたえる。阿弥陀さまは、『南無阿弥陀仏』という言葉をもってして、私を救うと誓われている。その言葉は、阿弥陀さまと私を結ぶ共通語ともいえる。阿弥陀さまは、そこ(人は言葉を使うこと)に注目され、その言葉(南無阿弥陀仏)に自分(阿弥陀さま)の命を込められた。その阿弥陀さまの命を感じることこそが人として生まれてきた本懐なのであろう。
【勝手に投稿文① 手品師より】

 

f:id:tarou310:20190131165006j:plain

  今回、勝手に投稿文というスタンスで書いてみました。これは、私なりの言い回しであり、話半分、いや話一割で読んで頂けますと気が楽です〜。
この地球上において、唯一、言葉を使って生活している生き物が人間です。その人間でないと仏教ひいては南無阿弥陀仏を聞くことはできません。南無阿弥陀仏を聞く(南無阿弥陀仏のはたらきに気付く)ということは、平たく言いますと、「永遠の命」を授かるということです。このような視点から考察してみますと、人命は地球より重い、という説明がつくのではないか、と考えています。人として生まれ、いま現在生きていることについて、お釈迦さまは、「人身(にんじん)受け難し、いますでに受く。仏法聞き難し、いますでに聞く。この身今生(こんじょう)において度せずんば、さらにいずれの生(しょう)においてかこの身を度せん(三帰依文)」と喝破されています。チャンスは「このいま」ということが読みとれます。みなさん、このお釈迦さまの言葉を聞いて焦りませんか? 本当に大丈夫でしょうか? いま死んでも・・・。
  南無阿弥陀仏のはたらきに気付かされた人は、寿命尽きれば南無阿弥陀仏のはたらきの一員とならせて頂きます。そのときには、五劫思惟の構想や兆載永劫の修行の詳細についても分からせて頂けるのでしょう。ですので、いまは、その時まで自分なりにあれこれ考えて楽しんでいます。手品師の妄想と言ってよいでしょう(笑)。ただ、今後の私の行く末は分かっていますので、日々楽しくやらせてもらっています。
おかげさまで 今日も 南無阿弥陀仏

 

f:id:tarou310:20191201213646j:plain