手品師

浄土真宗の信心を中心に綴ります

「経典の表現」の二面性

 

※第一願の成就文

「その国土には、須弥山(しゅみせん)および金剛鉄囲(こんごうてつち)、一切の諸山(しょせん)なく、また大海・小海・谿渠(けいご )・井谷(しょうこく)なし。仏の神力(じんりき)をもってのゆえに、見んと欲せばすなわち現ず。また、地獄・餓鬼・畜生の諸難の悪趣(あくしゅ)なし。また、四時の春・秋・冬・夏なく、寒からず熱からず、常に和(やわ)ぎ調(ととの)い適す。〈中略〉三塗(さんず)・苦難の名あることなく、ただ自然(じねん)の快楽(けらく)の音(こえ)のみあり。このゆえに、その国を名づけて、安楽(あんらく)という」(岩波版169180頁)

 

 なお第一願の成就文に関連して一言。文のなかで、浄土では山がなく海もなく谷などもなく、平板だと記述されているが、「見たい」と思えば、たちまち山や海などが現れる、とある。読者のなかには、いかにも幼稚な感じをいだかれるであろうが、それは仏教特有の真理の表現と理解すべきことと思われる。

 なぜならば、仏教の真理は、元来は人間の思惟やまして感覚を超越したものだが、もしそれに留まるならば、仏教は人間とは没交渉となる。その真理は人間を超越しているが、しかし、人間に深く関わるところに仏教の命がある。だから、浄土の記述も、人間の感覚や想像力に訴える方法でなされているのだ。

 感覚的快楽を追求して生きている人間には、理想的世界は感覚的叙述によって示すのが早道というもの。ただ、それで終わっては、また人間に妥協したことになってしまう。そこで、人間の感覚的世界の虚妄性を教えるために、人間が実在すると考えていることがら自体が虚妄で、いわば意識の産物に過ぎないことを示唆するために、このような記述がなされていると思われる。

 仏教が手にしている真理には、真理そのものの姿(それを見るのは仏のみ)と、それが人間に働きかけている姿(人間に理解できる真理)の二面性が、いつも経典の表現の背後にあることに注意する必要がある。

【四十八願論 P 2829 阿満 利麿 連続無窮の会より】

 

なるほどなぁー、と思いました。「経典の表現」の二面性に留意しながら勉強したい、と思います。

おかげさまで 今日も 南無阿弥陀仏

 

 

 

 

ちょっと安心 ~他力本願という言葉~

 

他力本願(たりきほんがん)

【注】他の力で当てにする意味の比喩表現で使わない。

【注】浄土門で阿弥陀仏の本願によって救済されるの意。比喩の他の力を当てにする意味では使わない。

【記者ハンドブック新聞用字用語集 第14版 共同通信社より】

 

記者ハンドブックでは、「他力本願」という言葉は、本来の意味で、正確に使用することを明記しています。ですので、紙面では「他力本願」の誤用はされないでしょう。ホッとしている私です〜。

おかげさまで 今日も 南無阿弥陀仏

 

歎異抄(たんにしょう)

 

 「無宗教」を自認する人の多くは、「創唱宗教」に対して構えた姿勢でいる、いわば「創唱宗教嫌い」です。その背景には、オウム真理教などの影響により、特定の宗教や宗派に経済的に搾取(さくしゅ)されたくない、また自分の考えを揺さぶられたり束縛されたりしたくない気持ちがあると思います。

 今の自分の考え方は、いろいろ問題があるかもしれないけれど、自分なりに人生を歩んでいる。だから今の人生観でいいのだ、十分なのだ。そのような意識が、「無宗教」の人の姿勢に隠れているように思います。

 しかし、それは非常に消極的な姿勢ではないでしょうか。自分の身の安全を図るために、危険なものに触れない。それはそれで有益に思えますが、宗教の本質を知ったうえでの選択ではありません。「宗教とは何か」という問題を突き詰めて考える機会を、明治以降、日本人は一度も与えられてこなかったと言えるでしょう。ですから、「創唱宗教」の教える救済思想と向き合う経験が不足しているのです。

 平生であれば、「創唱宗教嫌い」でも、自分なりの考えで人生に意味を見いだすことはできるでしょう。たとえば、子どもの成長に合わせて自分たち夫婦の人生設計をする。仕事で「次はこういうことをやってみよう」と将来の展望を広げる。年老いた親を介護しながら、どのように対話するかを考える。私たちは、そういった「小さな物語」をつなぎ合わせて、人生の意味を自分なりに確かめているのです。

 しかし、人生には思わぬ出来事が、まま起こります。危機的な状況に陥(おちい)り、「小さな物語」が破綻(はたん)すると、人生観が揺さぶられて、何を頼りに生きていけばいいかわからなくなる。自分だけの考えは役に立たないと痛感せざるを得ないのです。 【略】

 そのとき、最も頼りにできるものは何か、と改めて考えてみても、手がかりがありません。「自然宗教」は、危機的な状況に対してはほとんど無力です。穏やかな暮らしの中では、ご先祖に手を合わせることで安心感が得られるでしょう。しかし、ひどい状況の中では、「自然宗教」的な安心のもち方だけでは解決しないことが多いのです。

 そういうときにどうすればいいか。「創唱宗教」は、いろいろな方法を語っています。宗教団体に所属している人は、それを知ることができますが、教団に入らない「無宗教」の人にとっては、やはり手がかりがありません。その役割を果たしてくれるのが宗教的古典だと思いますが、とりわけ『歎異抄』だと、私は言いたいのです。

【歎異抄にであう 無宗教からの扉 阿満 利麿 NHK出版 P11〜P13より】

創唱宗教:教祖、教団、プロの宗教家がいる宗教

自然宗教:地域や家庭で代々伝承されてきた宗教心を伴う習慣など

 

f:id:tarou310:20210912162441p:plain

なによりも「私の生死問題(の解決)」です。より積極的に、「私の生死問題」に介入していきたい、ものです。というよりは、介入すべき、です〜。『歎異抄』に触れることで、その(私の生死問題解決の)ヒントといいますか、「気づき」や「発見」、あるいは「(問題解決の)入り口」があるかもしれません。

おかげさまで 今日も 南無阿弥陀仏

 

f:id:tarou310:20220414165353j:plain

お釈迦さま(釈尊)の功績

 

衣食住が満たされることだけで人生が豊かになるのではないという考え方は、仏教の根幹に関わります。仏教は、王子であった釈尊が、地位も名誉も財産もすべて捨てて出家したことに始まります。釈尊が出家したのは、地位や名誉や財産など、私たちが求めて止まないものが、移ろい変わっていくものであり、老・病・死の前では本当に頼りとなるものではないと気付かれたからです。ですから、釈尊が課題とされたのは、老・病・死を前にしても私を支えるものは何かという問題なのです。釈尊が修行の先に発見したその「何か」とは、変わりゆく私を言い当てる変わらない真実、つまり、縁起の理法でした。釈尊は、その真理に目覚めたこと(悟り)で、安らかな生き方を手にされ、自分と同じように縁起の理法に目覚めることを人々に勧められたのです。

【阿弥陀経を読む 三浦真証 仏教教育出版 P32より】

 

f:id:tarou310:20210912162441p:plain

お釈迦さま(釈尊)が課題とされたものは、老・病・死を前にしても私を支えるものは何かという問題なのです。」とあります。お釈迦さまの課題は、我々の課題であり、「私の課題」でもあります。幸い、お釈迦さまは、その課題を解決されました。つまり、お釈迦さまが説かれた仏教を聞くことは、「私の課題」の解決になります。さらに掘り下げまして、浄土真宗の教えに注目してほしい、と個人的に思っています。

おかげさまで 今日も 南無阿弥陀仏

 

f:id:tarou310:20220406181702j:plain

 

念仏のみぞまこと

 

 親鸞聖人にとって、変わりゆく私をどこまでも支えるものは何であったのか。それは「弥陀の本願」です。親鸞聖人は『歎異抄』の中で、

 「煩悩具足(ぼんのうぐそく)の凡夫(ぼんぶ)、火宅無常(かたくむじょう)の世 界は、よろづのこと、みなもつてそらごとたわごと、まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておはします」

と言われました。世間のことは、私を含めてすべてのことが移ろい変わっていきます。しかし、無常を生きる私をそのまま目当てとする本願は変わりません。その本願が躍動しているのが、私の口から出ている念仏です。だから親鸞聖人は、「念仏のみぞまこと」と言われたのです。変わりゆく私を支え続ける本願のはたらきを喜んでおられるのが「念仏のみぞまこと」の意味なのです。

 いくら衣食住が揃ったとしても、変わりゆく私を支える変わらないものに出遇えなければ、私たちのいのちは迷いのいのちとなってしまうのではないでしょうか。

【阿弥陀経を読む 生きる道をたずねて 三浦真証 仏教教育出版 P33より】

 

f:id:tarou310:20210912162441p:plain

「念仏のみぞまこと」力強い言葉です。日々変わりゆく私に、変わることなく南無阿弥陀仏のはたらきは、はたらき続けています。そのはたらきに気付かされるか否か、とても大事なところです。南無阿弥陀仏(のはたらき)を知らされますと、人生観が変わります。人生観が変わっても、日頃の悩みや苦しみが無くなるわけではありません。

 おかげさまで 今日も 南無阿弥陀仏

 

f:id:tarou310:20220320172838j:plain

 

手本でなく見本というスタンス

 

 明治時代の金沢に、高光大船(たかみつだいせん)という人がいました。清沢満之(きよざわまんし)という北陸の浄土真宗の重鎮の弟子のひとりです。清沢満之は、明治の宗門改革の立役者でした。

 高光大船は、講演の引く手あまたでしてが、いくら頼まれても行かなかったそうです。あるとき、どうしても断りきれなくなり、そのときにこう言ったといいます。「わしは人の手本にはなれんが、見本くらいにはなれるだろうから、引き受けましょう」

 手本と見本の違いが面白い。

 手本は、やはり、優れた立派なものということです。「手本は二宮金次郎」なんていう歌が昔ありましたが、手本というのは仰ぐものです。

 一方、見本というのは、食堂にメニューのサンプルが並んでいる、あれが見本です。どれを選ぼうかなという具合に、上から見下ろされるものです。人の目の下にあって、選択の余地があります。

 高村大船は、「手本にはなれんが、見本にはなれる」と言いました。

 あなたの参考にはなれるかどうかはわかりませんが、ぼくのことを話しましょう、ということなのです。

 強い言葉でアドバイスしないのは、かえって冷たいやりかただととらえられるかもしれません。人は時に強い言葉に励まされることがある、というのもわかっています。

 しかし、ぼくには「こうしないとだめじゃないか、なんてよく言うよ」という思いがあるのです。

【捨てない生き方 五木寛之 マガジンハウス新書 P 81、P82より】

 

f:id:tarou310:20210912162441p:plain

 頭ごなしに、こうであれ!と押し付けると、かえって反発を食らいます。妻や娘に、浄土真宗の教え、聞かないか!と強制しても、なかなか聞くものではありません(笑)。(妻から)あんたの考え偏っているわ!と反撃にあいます(笑)。ですので、かなり以前から、ことあることに、「南無阿弥陀仏、ええなぁ〜、やっぱり南無阿弥陀仏だわ〜」と、語りかけるように話しています(笑)。

 あと、ここでいわれている「見本というスタンス」いいですね。押し付けがましさがありませんから。私もこのスタンスでいきます〜。

おかげさまで 今日も 南無阿弥陀仏

 

f:id:tarou310:20220312053232j:plain

 

「浄土教の思想」に注目しませんか⁉️

 

 われわれは誰でも、本当は、何一つ頼りになるものを持たないところで生きています。家族をたよりにしているといっても、家族はいつ死ぬかもしれません。会社や組織を頼みにしているといっても、そういう状態は永続するとはかぎりません。私たちの財産や地位や名誉を、私たちは死の彼方にまで持っていくことは不可能でしょう。いや、日ごろ私たちが最後の頼りにしている、この私たちの個体の生命それ自体さえ、いつ私たちのもとを立ち去るかもしれないのです。私たちの存在の根底には、安心して足をつける何ものもありません。そこには一つの深淵(しんえん)が開かれています。私たちの人生は、そういう底無き深淵の上に成り立っているのです。それが、私たちが宇宙の中にある、ということの実相です。

 宗教とは、そういう人間存在の根本的な不安、人間がそれを忘れていようが否認しようが、変わりない事実から生まれてくる底知れない不安から脱却する途(みち)だと言えます。だから、宗教を持っても持たなくても各人の自由だ、というようなことは決して言えないことになります。いかなる人間も、宇宙の中に吸いこまれていく不安な状況をいかにして脱け出せるか、という根本的な課題を背負って生きているわけです。それは個人の主観的な思いを超えた生命そのものの要求であります。その生命の要求に答える宗教なくして、人間存在は真実には人間存在たり得ないのです。歴史上にあらわれた世界宗教はみな、このような人間存在の根本的な解決の途を、それぞれの教義の言葉で説いているわけです。なかでも、大乗仏教とくに浄土教の思想には、それについての深い洞察が見られると思います。

【宗教への招待 大峯 顯 本願寺 P13、P14より】

 

f:id:tarou310:20210912162441p:plain

ここでもありますように、

世界宗教は、「人間存在の根本的な解決の途(みち)」において、それぞれの教義の言葉で説いています。その数ある(世界)宗教の中でも、大乗仏教とりわけ、浄土教の思想には、「人間存在の根本的な解決の途」について、深い洞察が見られると思う、と結んでいます。私もそう思います。もっと掘り下げまして、浄土教の思想の中でも「浄土真宗の教え」に、より注目してほしい、と思います。そこに発見といいますか、気付きがあるかもしれません〜。

おかげさまで 今日も 南無阿弥陀仏

 

f:id:tarou310:20220305170315j:plain