手品師

浄土真宗の信心を中心に綴ります

仏教は何のためにあるのか?

 

 驚きのないところには仏法は始まらないのだと思います。「このような世界があったのか」と、思ってもみないような世界、ものの見方があったと、こういう驚きです。 大谷大学にも大勢の学生がきていますが、その中で一番驚きが少ないのがお寺の長男です。僕もその一人ですが。こんなものだと始めから知っているのでしょうか。特に最近は「立派な住職になるためにここにきました」という学生が増えてきました。ある意味では良い心がけかも知れませんが、驚きのないままに仏教の勉強をするものですから、「今日はここを覚えました」となるのです。「このお経も読めるようになりました」と、テクニックになってしまうのですね。ですから、いつまでも自分を打つものとして響いてこないのです。これはなかなか厄介です。
 時々私も生徒を驚かす意味で、「立派な住職とは何か」と問うてみるのですが、答えは出ません。「ちゃんとお参りして、ちゃんと報恩講を勤めて」と言うので、「ちゃんと、とはどういう意味か」と問うと、やはり答えは出てきません。ある学生は、親にそのことを言ったのでしょう。次の日に電話がかかってきたことがあります。「うちの子がやっと寺を継ぐ気になって、大谷大学に行ったのに、なんということを言ってくれるのだ」ということでした。みんな大真面目です。不真面目ではありません。だから厄介なのです。大真面目に勉強をする。しかし、その勉強が驚きのないところでやりますと、やはり免許のため、資格のため、うまくお寺をやっていくためとなってしまいます。仏教が自分に語りかけられているものにはならないのです。

【大無量寿経講義  尊者阿難 座より起ち   一楽 真  響流書房より】

 

f:id:tarou310:20200223064919j:plain 

 まずは、私の生死問題にケリをつける、そこが最も大事なところではないでしょうか。この文章を読んでいまして、以下、深川倫雄 師の言葉が思い出されます。
『譬えていえば、ある町へ行くと、お城があって大変高い石垣がある。お城へ登って外を見て、「ああ、いい景色」といえばそれでよろしい。下へ行ってから石垣を見て、「まあ高い石垣。よく組んだもの」と、暇があるから、この石垣の組み方を見てみようではないか。それがお聴聞。お聖教の勉強。上に立って、いい景色を眺めさえすればよろしい。だけども、暇があるから、よくもこんな石垣を組んだものだとその石垣の組み方を調べてみては、「ようこそ、ようこそ」というわけです。調べなくとも、景色に変りはない。石垣がどう積んであるかと研究しようがしまいが、石垣の上からの景色に変りはさらさらない。ないけれども、石垣を研究してみればみるほど、「ようこそ、ようこそ」とご恩が知らされる(佛力を談ず 深川倫雄 講話集P117〜P118 永田文昌堂 より)』
 仏教は何のためにあるのか、浄土真宗の教えは何のためにあるのか、しっかり見極めたいところです。まずは何をなすべきなのか。
おかげさまで 今日も 南無阿弥陀仏

 

f:id:tarou310:20210417034547j:plain

 

 

tarou310.hatenablog.com

 

孤独死

 

 最近、「孤独死」の報道をよく耳にします。ひとり暮らしの高齢者だけに限らず、中高年も例外ではないようです。その原因として、核家族化や近所付き合いの希薄がいわれています。実際、死んでいることに誰も気づかない、という事例が増えており社会問題にもなっています。

 一般的に、「孤独死」は不幸な死である、という人は多いでしょう、しかしながら、南無阿弥陀仏の教えからいいますと、そんなこと(死に様)は全く関係ありません。南無阿弥陀仏のはたらきに気付かされた人は、どんな死に方をしようとも、死んだら浄土なのです。いま・ここで・私が、南無阿弥陀仏の身にならせていただくことが、なによりも優先されるべきことなのでした。

 死に様を気にするのもよいですが、その前に、私の生死問題に白黒つけることが大事なのではないでしょうか。

 おかげさまで 今日も 南無阿弥陀仏

 

f:id:tarou310:20210411201041j:plain

阿弥陀さまのはたらきに出会うか、出会わないか

 

何をもって行とするのか。つまり覚りに至る方法とは何かと言えば、それまでは釈尊の真似をすることだと阿難は考えていたのでしょう。でも全く違っていたのです。如来の徳を行じておられるその如来のお働きに出会うか出会わないかということが大問題だったのです。私の方から一歩一歩、思い描いた理想に近づいていくというのは覚りでもなんでもないのです。
【大無量寿経講義  尊者阿難 座より起ち   一楽 真  響流書房より】

 

f:id:tarou310:20200223064919j:plain

阿弥陀さまの「安心しなさい、あなたを必ず救いますよ!」という仰せに、わたしは、「はい、ありがとうございます!」とこたえるだけなのでした。仏さまにウソという言葉はありません。たのもしいことであり、ありがたいことであります。
おかげさまで 今日も 南無阿弥陀仏

 

f:id:tarou310:20210405175005j:plain

ギュッと

 

 先日、ちょっとしたことが縁で、テレビの取材を受けました。収録時間は約3時間。実際、放送で使われた時間は45秒でした。エキスをギュッと凝縮した45秒ともいえます。とても貴重な経験でした。

 「南無阿弥陀仏」の6文字には、阿弥陀さまの命がギュッと込められているのでした。今回の収録を通して、阿弥陀さまのことを思うのでした。

おかげさまで  今日も  南無阿弥陀仏

f:id:tarou310:20210402175207j:plain

人間に生まれた意味

 

もとより仏教は、釈尊によって始まっています。釈尊はなぜ出家をされたのかといいますと、生老病死の苦悩から解放されて生きる者となりたいと、これが出発点です。この生老病死を苦悩として生きているのは、人間だけです。生まれて年を取り病気をえて死んでいくということを、なぜ苦悩として感じるのか。犬や猫などの人間以外の生き物は、生老病死に苦しみ悩むことはないでしょう。人間に生まれたがゆえに、年を取るのは嫌だ、病気になるのは嫌だ、死ぬのは嫌だと、苦しみ悩み迷いながら生きているのです。そのように苦悩するのは人間だけです。生老病死を苦悩と感じる基本は、私たちの日常生活の中でまん延しています。人間に生まれたがゆえに、人間だけがなぜこのように苦悩するのか。この苦悩を背負って生きなければならないのが、人間なのです。
【仏教における念仏成仏の教え  小川一乗  22世紀アート  kindle版より】

 

f:id:tarou310:20200223064919j:plain

人として生まれ、いまを生きている意味はなんでしょう?
ここでは、人間は生老病死を苦悩として生きている唯一の生き物とあります。個人的には、人は「言葉」を使って生きていることに注目しています。
阿弥陀さまは、そこに目を付けたのでしょう。『南無阿弥陀仏』という6文字の言葉に、阿弥陀さまの命を込められたのでした。いやぁ〜本当にすごい!
おかげさまで 今日も 南無阿弥陀仏

 

f:id:tarou310:20210319211859j:plain

無限の電波

 

f:id:tarou310:20210305184303j:plain


(掲示板) ほとけさまに圏外なし

 

  この掲示板を投稿された住職によると自信作で、「以前、掲示板の言葉として投稿したら、翻訳して海外までシェアされていました」とのことです。

 浄土真宗のお寺からの投稿ですから、阿弥陀仏の慈悲はどこにでも届いているということを表しているのでしょう。(略)

 仏さまの慈悲はケータイ電波のように全く目に見えません。現在、多くの人々は見えているものだけを信用する傾向にありますが、目には見えないものを大切にする生き方をしたいものです。

【お寺の掲示板 江田智昭 新潮社 P65、P66より】

 

f:id:tarou310:20200223064919j:plain

 南無阿弥陀仏のはたらきの中で生かされている私としましては、そのはたらきを受信しますと、自然とお念仏(南無阿弥陀仏)がこぼれ出るのでした。

おかげさまで 今日も 南無阿弥陀仏

 

過去の「電波系」投稿(3つ)のリンクです~

tarou310.hatenablog.com

 

tarou310.hatenablog.com

 

tarou310.hatenablog.com

 

ちょっと横に置く(私の思いや考えを)

 

「総序」に「聞思(もんし)して遅慮(ちりょ)することなかれ」(一三二頁)というお言葉があります。私が思ったら思っただけ間違うぞ、だからお前の考えを横に置いておけということです。人間の考えを捨てる訳にはいかないから、ちょっと横に置いておけ。教えを聞くときは自分の考えを横に置いて、仰せの言葉をスゥーと受け入れる。すると仰せの言葉が主体になる。

【季刊せいてん(梯實圓 師の言葉) 126号、P47、本願寺出版社より】

 

聞思して遅慮することなかれ

意味:(阿弥陀仏の)本願のいわれを聞きひらき、疑いためらってはならない。

 

f:id:tarou310:20200223064919j:plain

「自分の考えをちょっと横に置く」 同感です!

自分まかせは、とんでもない方向にいってしまいます(笑)

阿弥陀さまにおまかせ、安心感抜群です~

おかげさまで 今日も 南無阿弥陀仏

 

f:id:tarou310:20210227124744j:plain 

 

2/18(日)追記です

2年前にも採り上げていました~

tarou310.hatenablog.com