手品師

浄土真宗の信心を中心に綴ります

Uターン ※還相の菩薩

 

  また浄土に往生して、もう一度この俗世に還ってくる。そうしたら釈尊のように人々を救えるんだ、と親鸞はリアルに感じていたわけです。還相の菩薩となったら、あらゆる手段で人を救えるそうです。

 山口県に深川倫雄(ふかがわりんゆう)〈※1932年~2012年、浄土真宗本願寺派勧学。親鸞の教えを説いた。主著に『観経疏玄義分講讃』『仏力を談ず』〉という人がいたのですが、「わしは還相の菩薩になったら、まず蚊に生まれて、ご法話で寝ている人を刺そうと思うんだ。痒くなって起きて、仏法を聞くだろう。あるいは犬になって、お寺にお参りに来ない人に吠えて、法座へ行くようにしむけるんだ」と、みんなを笑わせたそうです。息を引き取ったら全てが終わるのではなく、その先はるかに続く道を歩む。

【歎異抄救いのことば 釈  撤宗 文藝春秋 P95より】

 

還相回向(げんそうえこう)

浄土に往生してのち、再び迷いの世界に還り来て、衆生を教化すること

浄土真宗辞典P518(二種回向より)

 

f:id:tarou310:20200223064919j:plain

「還相の菩薩となったら、あらゆる手段で人を救えるそうです」 ⇒ いいね!

南無阿弥陀仏のはたらきに気付かされますと、忙しくなりますね(笑)

ありがたいことです。

おかげさまで 今日も 南無阿弥陀仏

 

f:id:tarou310:20210710145039j:plain